兵庫県放射線技師会 日本医用画像管理学会コラボセミナーのお知らせ(申込開始)

 本セミナーは兵庫県放射線技師会と日本医用画像管理学会がコラボいたしまして「AI技術による画像診断支援の活用及び医用画像の管理」をテーマに開催します。
 昨今、医療現場においても、診断支援やワークフロー向上を目的として、AI技術を用いて開発された機能が普及しはじめています。AI画像の取り扱いを始め、AI活用の未来像に触れることができるプログラムとしています。各施設での活用にご参考いただけたら幸いです。多数の皆さまのご参加をお願い致します。

【主   催】 兵庫県放射線技師会 日本医用画像管理学会
【日   時】 令和4年12月4日(日) 12時45分~16時15分 ハイブリッド開催
【会   場】 兵庫県民会館パルテホール
【参 加 費】 日本診療放射線技師会会員;無料 日本医用画像管理学会会員;無料          非会員;500円
【定   員】 現地80名       Web 450名
【ポイント】  申請中
【申  込】  申し込みはこちらからお願いいたします。

<プログラム>

12:45~12:50
  開会あいさつ 兵庫県放射線技師会会長                  後藤吉弘

12:50~13:20
  1.基調講演                        座長:兵庫県放射線技師会                廣田 朝司
     AI利活用その前に 〜ガイドラインから整理する 知っておきたい留意ポイント〜    
                 日々創発so-hatsu.net                       山口 雅和

13:20~14:20
  2.事例紹介                        座長:日本医用画像管理学会           板谷 英樹
     13:20~13:40     
     ・Ai読影支援(SYNAPSE SAI viewer)導入の取り組み
                 安佐市民病院                                今井 康介

     13:40~14:00
     ・胸部X線診断支援CXR-AIDの活用について
                   社会医療法人 同愛会 博愛病院       矢倉 征道

     14:00~14:20
     ・AI読影支援システム(EIRL)を導入してみた ~もう戻れない医師単独読影の日々~
                 正幸会病院 院長                         東 大里

14:20~14:30 休憩

14:30~15:40
  3.AI活用の展望                 座長:日本医用画像管理学会           板谷 英樹

    14:30~14:50
    ・G検定を医用画像管理に活かす       
                広島記念病院                                   加藤 雅士

    14:50~15:15
    ・AI解析プラットフォームの展望について
                エムスリー株式会社 代表取締役       杉原 賢一

    15:15~15:40
    ・Web3.0×医療について
                アミン株式会社                             井上 裕紀

    15:40~16:10
  4.特別講演                          座長:日本医用画像管理学会            井原 完有
    ・医用画像管理とAI
               大阪公立大学医学部附属病院            片山 豊 

16:10~16:15
閉会挨拶              日本医用画像管理学会副会長           井原 完有

※プログラムは予告なく変更になる場合があります